1. IR活動方針

当社のIR活動は、ステークホルダーの皆さまから正当な価値評価を受けることを目的としております。そのため、迅速、正確かつ公平に財務情報や非財務情報の提供、ならびにステークホルダーの皆さまとの積極的なコミュニケーションに努めてまいります。

2. 情報開示についての基本姿勢

当社は、適時開示(東京証券取引所が定める適時開示規則)および法定開示(金融商品取引法、会社法および関連法令)の遵守はもちろん、ステークホルダーの皆さまが当社を理解するうえで有益だと思われる情報は積極的に開示してまいります。

3. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)に公開します。有価証券報告書等は金融庁が提供する電子開示システム(EDINET)に公開します。また、その他の重要な情報についても、適宜TDnetを用いて行います。いずれの場合も、すみやかに当社ホームページに情報を掲載します。

4. 業績予想および将来の見通しについて

当社が発表する業績予想など将来の見通しに関するものは、発表時点での予想であり、その前提を変更する場合や経営環境の変化により予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。またアナリストレポートや情報誌などの第三者による業績予想については、予想された方々のお考えによるものであるため、当社が関知するものではありません。

4. 沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の2週間を沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。但し、沈黙期間中に重要事実が発生した場合には、適切な情報開示を行います。